ほとんどの高齢者は、他人からの大きな助けを必要としませんが、多くは、家族、近所、地域などの助けを借りています。多くの高齢者は、特に80歳、90歳、あるいはそれ以上の年齢であれば、助けが必要になります。

高齢者が助けを必要とするとき、通常は近しい家族(その人に家族がいる場合)が手助けをします。実際、家族は 長期介護・サービスの最も重要な提供者なのです。

日常生活における援助

日常生活の基本動作は、動く、食べる、着替える、片付ける、トイレに行く、身の回りの衛生を保つ、お風呂に入ることなどです。これらは幼い頃に学ぶ、最も基本的なセルフケア活動です。

一方、日常生活の手段的活動は、思春期の早い時期に学ぶものです。金銭管理、交通機関の管理、食事の買い出しや保存、家の掃除や手入れ、コミュニケーションツールの使用、薬の使用能力などがこれにあたります。そして、ある時点で、高齢者はこれらについての助けを必要とします。

セキュリティの問題

経済的な脆弱性(あるいは搾取)、転倒の危険性、運転上の問題などが含まれます。

健康問題

高齢になると健康上の問題が生じることはよくありますが、その中でも多くの高齢者は、治療やモニタリングなどを必要とする慢性疾患を患っています。また、高齢者では新たな症状や健康問題が発生することもあります。そしてその場合、病気の診断のために手助けが必要になることもあります。家族が適切な質問をし、医療専門家の注意を引く手助けをすることが多いです。

また、ほとんどの人は、病気から回復するための手助けが必要になります。高齢者と家族の両方にとって重要なサポートは、ほとんどの場合、専門家によって提供されます。

法的・経済的問題

高齢者の中には、ある種の財務・法務を管理する能力を失っている人もいます。認知機能に障害がない高齢者でも、経済的搾取の対象になることがあります。

この場合、法的・金銭的な問題で高齢者を支援する必要性を考慮するべきです。事前に計画を立て、必要な書類に記入することで、家族が高齢者を支援する状況になったときに、スムーズに対応することができます。

住まいの問題

高齢者の住宅事情は、生活の質、安全性、他の人の助けを得る能力に影響を与えることがよくあります。高齢者がいる家族は次のような問題を考慮しなければなりません。

現在の住宅事情は、高齢者が自宅で生活するのに適しているか?高齢者がより長く自立した生活を続けるためには、手助けが必要な場合が多いです。

家族と同居するなど、高齢者の手助けが必要な環境なのか?これらのことを考えてみてください。